紫外線に負けない素肌づくり/春咲きビューティ③

日焼け止め化粧品に書いてある、SPFとかPAって何??
UVAとかUVBって??今更なかなか聞けなくて・・
今年の春はUVケアについて正しく知って紫外線をシャットアウト!!
UVケアの表示や日焼け止め化粧品の選び方についての紹介です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーー

こんにちはメイクを通じて女性の笑顔を応援している
エコエルビューティカレッジ東條美晴です。

前回紹介した「簡単!二の腕リンパマッサージ」試していただいていますか?
コラムを読んでいただいた方から、

「これならやれるかも?頑張って続けてみます」
「50代になってますます二の腕がゆるゆる・・・コラムを読んで、私も今年こそは!と
全身鏡を買いました。20代の頃にタイムスリップ(笑)頑張ります」 など、

嬉しいメッセージをたくさんいただきました。ありがとうございます。
キレイは積み重ね。
毎日コツコツ「キューッと引き締まった二の腕」をイメージして、
ワクワク♪♪楽しみながらお手入れしてくださいね。

さて、今回は、
『紫外線に負けない素肌づくり』です。

日差しも強くなってきましたよね。
冬のようにうっかり何もせずに外に出てしまうとこれからの季節は後が大変!!
日焼けは「一瞬!」です。
シミ・シワの原因を作る紫外線は美の大敵です!!
秋に後悔しないように、今からしっかり「紫外線をシャットアウト!!」していきましょう。

その前に、
先日コラムを読んでいただいている方から、
「今更なかなか聞けなくて・・日焼け止め化粧品に書いてある、
SPFとかPAって何ですか??UVAとかUVBとかも・・・わかりません???
数字は高いほどいいんですか??」と、質問いただきました。

本当ですね、私たちプロは当たり前になっている言葉も、
一般の方にとれば「わけわからな~い」ですよね。

まずは、UVケアについてしっかりと理解し、
今年の春夏は美の大敵「紫外線を完全シャットアウト」できるようにマスターしましょう。

UVケアの表示を理解する

紫外線は波長の違いによって、
UVA(長波長)、UVB(中波長)、UVC(短波長)の3種類にわけられます。

UVAとは

紫外線の中でもっとも波長が長く、真皮まで届き、
「シミ・シワ・たるみ」などの原因になります。

お部屋の中にいても、
窓越しからジワ~ジワ~ッと襲ってくる紫外線がUVAです!!

UVBとは

UVAより波長が短いため、深く入らず表皮に作用し、
皮膚を赤くし、炎症や熱傷のような症状を起こさせます。
また、細胞のDNAを傷つけ、
TVなどでも話題の「皮膚がんや光老化」の原因にもなります。

海水浴や公園など外で長時間過ごした時に、
お肌が真っ赤になって・・・・・・。
経験ないですか?
これがUVBのしわざです。

UVCとは

紫外線の中では最も波長が短いため、
通常はオゾン層に妨げられて地表には届きません。
しかし近年ではオゾン層の破壊の問題があり、
UVCの心配も次第に大きくなってきていますが、今回は説明を省きますね。

では、今度は日焼け止め化粧品に書かれている
SPFとPAについて簡単にご説明しますね。

SPFとは

UVBを抑える効果を表したものです。
SPF値が高ければ防止効果も高くなります。

※日本では50までの数字で表示と定められています。
最近は50の隣に+が表示されている化粧品もあり、
これは50以上の効果があるということのようです。

PAとは

UVAを抑える効果を表したものです。
PAの隣に表示されている『+』は、+(ワンプラス)、++(ツープラス)
+++(スリープラス)、
最近は、++++(フォープラス)が増え、4種類で表示してあり、
+が多いほど防止効果が高くなります。

ご理解いただけましたか??
では、どんな日焼け止めがいいのでしょうか???
SPFやPAの表示が高ければ高いほど、それだけカットする効果が高いのですが、

大切なのは、使い方や商品選びです。

では、UVケアの達人と言われている私が、
長年、いろんなメーカーの日焼け止めを取り寄せ、実際に使い、
いろんな女性のライフスタイルに合わせ研究してきた商品選びのポイントや、
日焼けしないためのコツを紹介しますね。

日焼け止め化粧品を選ぶポイント

日焼け止め化粧品も生活の場面に合わせて選ぶと効果的です。

が・・・・・・・・・・・・・・・・たくさんある商品の中から、
表示の見方がわかっても「どこのメーカーの物を使えばいいのでしょうか?」とも
ご質問いただきましたので、

おすすめ商品をご紹介しますね。

フェイシャルおすすめ№1

ラ コリーヌ ホワイトUVプロテクター(スイス)
SPF25
PAの表示はスイス製なのでないですが、
++の効果が期待できると言われています。
(PA表記は日本製のみ)

一年中使えて、しかもお肌を乾燥させない美容成分配合
白色乳液タイプで、スーッと伸びて、薄いハイライト効果あり、

※個人の使用感想
スイスで春スキーを楽しんだ時も紫外線をシャットアウト!!
スキー焼け知らずでした。

ボディおすすめ№1

ラグジュアリーホワイトWプロテクトUV
・SPF50+
・PA++++

こちらはフェイシャル用なのですが、
肌に瞬時に馴染み、ベタつきがなく、美容成分配合でお肌も乾燥知らず!
出勤前に着用する日よけ対策のジャケットもすぐ羽織れ便利です。
ボディ用としてもおすすめです。

バックインおすすめ№1

エクラテア スプレートータルプロテクション
・SPF50+
・PA++++

どこでも、シューッ!!
手も汚れず、ベタつかず手軽に使えるスプレータイプ
バックの中にいれておくと便利です。

いかがでした?
紫外線に負けない素肌を作るために、
日焼け止め化粧品についてご理解いただけましたか?

日焼け止め化粧品も、なんとなく選ぶよりも、
お肌や生活の場面場面に合わせて選ぶとより効果的です。

使い方や、日焼けしないコツは次回、ご紹介いたしますね。

○写真撮影谷崎 健太郎 オーヴヘア
http://ecoel.jp/aube-hair/
○アイテム・コラム協力/ エコエル
今回コラムでご紹介した商品はエコエルで購入できます。
http://ecoel.jp/
○コラム協力/Kデザイン
http://www.k-design2zz.com/

では次回は、今回に引き続き、
紫外線に負けない素肌づくり/春咲きビューティ
「日焼け止め化粧品の使い方や日焼けしないコツ」の紹介です。
楽しみにしていてくださいね。

2017年5月7日

page top

Copyright 2021 ECOEL. All Rights Reserved.