続!ツヤ復活シャンプー術 髪編②【夏の疲れをリセット!】

髪がバサバサ~ゴワゴワーーーーーー!!!
ヘアスタイルを秋色にチェンジしたいのに・・・・どうにかしないと~
でもどうしたらいいの~??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、メイクを通じて徳島の女性の笑顔を応援している
エコエルビューティーカレッジ東條 美晴です。

さて、大好評いただいている 【夏の疲れをリセット!】 シリーズも、
前回よりご紹介している「ツヤ復活シャンプー術」 髪編!でラスト!

夏のダメージヘアをリセットして、
ヘアスタイルも秋色にチェンジいたしましょ~~う

ツヤ復活シャンプー術 髪編 【夏の疲れをリセット】 (全8ステップ)

 
前回のコラムでは、

◆ステップ1.入浴前のブラッシング
◆ステップ2.湯洗い
◆ステップ3.プレシャンプー

ステップ3までのテクニックをご紹介しましたね。お試しいただいていますか?
この一手間が、ツヤを復活させるポイントでもありますので、ぜひ実践してくださいね。

前回のコラム ツヤ復活シャンプー術 髪編①【夏の疲れをリセット!】はこちら↓↓
http://ecoel.jp/column-info/19500/

では、前回の続きをご紹介していきますね。

ステップ4.シャンプー

毎日何げにしているシャンプーですが、

シャンプー泡立てていますか?
指でゴシゴシ洗っていませんか?

髪が濡れている時こそ危険!!摩擦で髪を傷めていることが多いのです!

ダメージをうけているこの季節は特に「意識」して、

シャンプーは手のひらに取り、泡立てから、
地肌を指の腹でマッサージするように洗い、
すすぎ残しのないように「しっかり」すすぐことが大切なポイントです。

髪は、シャンプーの泡が行き渡れば、十分汚れが落ちます。
ゴシゴシこすらないように注意して下さいね。

ステップ5.トリートメント

ダメージヘアには、内部まで浸透するトリートメントが必要です。

◆トリートメントの手順 
1.軽くタオルドライする(トリートメント剤の吸着が良くなる)

2.トリートメントを手のひらに広げる(用量を守る)

3.両手のひらで、髪をポンポンとたたくようにして、トリートメント剤を髪につける。

4.1~2分おく(この待ち時間に体を洗う)
トリートメントは、昔と違い商品が進化しているので、長時間放置しなくてもOK!!

5.髪をこすらないように、優しくすすぎ、体も洗い流す。
顔や首周り背中などにブツができる原因の一つにヘアケア剤の洗い残しがあります。
髪から体へと流してくださいね。

ステップ6.洗顔

何もかも終わった最後に洗顔です!!

ヘアケア剤によるお肌のトラブルを防ぐ大切なポイントです
フェイスラインについたヘア剤もしっかり洗い流してくださいね。

この一手間が美肌の秘訣です!!

ステップ7.乾かす

「シャンプー後、毎日ドライヤーしていますか?」

冬だと寒いし渋々乾かす人の割合は多いはず・・・
ですが、この季節だと、ついつい「まあいいや~、めんどくさ~い」と、
寝ることを優先してしまい、髪が濡れたまま、そんな生活をしていませんか?

ドライヤーしないで寝る=危険です!!

   なぜ???

濡れている髪の毛は、表面のキューティクルが開いていて、
その状態だと摩擦などに弱く、髪の毛が非常に傷みやすい状態なんです!

また、完全に乾かないうちに寝てしまうと、
枕との摩擦によってキューティクルが傷ついたり、剥がれたりしてしまいます。

しかも!!

濡れた状態の頭皮は、雑菌が繁殖しやすく、ニオイや皮膚炎の原因となってしまいます。

せっかく丁寧に行ったシャンプーも台無し・・・

正しいドライヤーのテクニックをマスターして効果を高めましょ~う

◆ドライヤーの手順

1.タオルドライで余分な水分を取る

2.ヘアケア剤をつける

3.乾かす
乾かすときは、近くても10cm以上遠ざけて
根元からしっかり乾かす
(根元から乾かした方が早く乾き
時間も短縮でき、髪にも負担が減る)

※注意
濡れた髪は摩擦に弱いので、とかす時は、
手櫛など
できるだけ髪に刺激が少ないように!

ステップ8.冷ます

ここでひと手間!冷風を使う!

高熱だと水分が飛びやすく髪も傷みやすいので、ある程度乾いたら
仕上げに冷風に切り替えて!!

何事も、小さなことが美容の秘訣!!

温風で乾いた髪を冷風で冷やし固めることで形がつき、
ツヤツヤで、しかも、はねたりせず(寝癖がつかない)、
美しい髪で朝が迎えられます。

寝る前の一手間で、明日以降の髪質が左右されます!
毎日のドライヤーもしっかりとね。

※おすすめドライヤー
リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム 
                        ○コラム協力 オーヴヘア 毛髪診断士 谷崎 健太郎
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?夏のダメージヘアケアは、お肌や体同様、毎日のホームケアが大切です。
2回にわたりご紹介した、ツヤ復活シャンプー術で、ツヤツヤヘアを復活させてくださいね。

ローマは一日にして成らず
美もまた一日にして成らず

さて、肌も体も髪も夏の疲れをリセットできたところで・・
次回からは、秋メイクを、様々なファッションジャンルに合わせご紹介いたします。
楽しみにしていてくださいね。では、来週日曜日に・・・・

2016年10月9日

page top

Copyright 2021 ECOEL. All Rights Reserved.